メニュー

アクアクララとはabout

1日に必要な飲料水は1人3リットル

災害時など、人間が生きていく為に必要な飲料水の量は1人1日約3リットルと言われています。
日本給水タンク工業会の東日本大震災後のアンケート結果によると、被災地での応急給水車の到着日数は震災後の2~3日目が比較的 多くこの日数がお水の備蓄日数の目安となりそうです。
アクアクララのレギュラーボトルは1本12リットルのお水が入っており、これは4人家族1日分の備蓄水となります。 各ご家庭で家族の人数、備蓄水の必要日数を決めてお水の備蓄計画を立てましょう。

レギュラーボトル1本で4人分の水

家族人数と備蓄日数から必要備蓄水量の早見表

アクアクララは使いながら備蓄しましょう

市販のペットボトルでお水の備蓄をする場合、気に掛けなくてはいけないのがお水の賞味期限。このペットボトルを倉庫などに置きっぱなしにしていると、気づいた時には「賞味期限が切れていた!」などの問題が発生することも。
ウォーターサーバーのアクアクララで備蓄水を始める場合は至って簡単。必要なボトルの備蓄本数を決め未開封のボトルが備蓄本数を下回りそうになった時に次のボトルを注文する。このサイクルを守れば簡単に災害時の備蓄水の運用を始めることができます。
また、アクアクララの賞味期限はボトルを未開封の状態で、製造日から6カ月(180日)です。
アクアクララで備蓄水を始める場合は、便利なボトルラックなどを使って賞味期限が古いボトルから使う様にしてください。

参考:自宅の備蓄水を最低3本とする場合、未開封ボトルの在庫が3本になったら次の3本を注文する。

アクアクララを使いながら備蓄

停電でも使えるアクアクララのウォーターサーバー

アクアクレールSアクアスリムは万が一の停電時でもお水を出す事ができるアクアクララのウォーターサーバーです。
電気が通っていないので冷たいお水、温かいお湯は出てきませんが、いつもの操作で災害時の飲料水を出す事ができます。
また緊急時には、ボトルのキャップを外してお水を出す事もできます。詳しくは動画をご覧ください。

停電でも使えるウォーターサーバー

ボトルに取っ手が付いて移動もラクラク

アクアクララのウォーターボトルには取っ手が付いているのでいざという時も簡単にお水を運ぶことができます。 また、ボトルラックやボトルスタッカーなどお水を備蓄するのに便利なグッズも揃ってます。
お部屋の隅っこなど空いたスペースを有効活用して、災害時の備蓄水をアクアクララではじめませんか。

取っ手が付いているボトル

 

 

 

アクアクララを今すぐお申し込み

お電話でのお申込み・お問い合わせはこちら