東名横浜町田インターから約15分!
横浜市瀬谷区のリフォームショールームエコカナ
営業時間 10:00~18:00
お問合わせ アクセス お問合わせ お電話でのお問い合わせ
ホームプロに2016年度顧客満足優良会社として表彰されました。
エコカナショールームのご案内

夏の寝苦しい熱帯夜でも快適な睡眠をとるための対策術・便利なアイテム紹介

2018.07.11

●夏も健康に過ごすためにはじめる、熱帯夜の快眠方法


夏の熱帯夜対策と安眠方法紹介

真夏は夜も暑さが続いてなかなか寝付けないということはありませんか?
実は夏は四季の中でも体調不良になりやすい季節とされており、夏バテや体調不良の原因として食欲不振、自律神経の乱れ、そして睡眠不足があげられています。
人間が健康のために必要な睡眠時間は7~8時間と言われおり、寝つきが悪い夏は特に注意が必要です。
今回は夏場でも体調を崩さないように、蒸し暑い熱帯夜でも寝付き易くなるコツやアイテムをご紹介します。

 

●寝苦しい原因は?快適な部屋温度と湿度の関係


じめじめ熱帯夜の寝苦しい原因
そもそも夏の寝苦しさの原因はなんでしょうか。
エアコンを使用しているのに暑い・寝苦しい場合は湿度が関係しているかもしれません。
体が眠りつく時、大量の汗をかきます。この汗は体温調整をするためにかくものですが、湿度が高いとその汗が蒸発せず、体温調整がしにくくなりべたべたとした不快感を感じてしまいます。
夏の平均湿度はおよそ約70%、真夏日になれば室内の湿度が80%以上になることもあり、これが熱帯夜の蒸し暑さの要因とされています。

 

●快適な室内温度と湿度で眠りやすい環境を作る


エアコンの推奨室温と湿度の関係
快適な睡眠をとるためには湿度が重要と言うことがわかりましたが、ではどのくらいの室温・湿度が過ごしやすいのでしょうか。
夏場の最適な室内温度は25~28℃の間、そして湿度は55~58%とされています。 必要以上に室温を下げるよりも室内温度28℃・湿度50%代に保つ方が汗が蒸発し、自然と体感温度が低くなり眠りやすい環境にすることが出来ます。
寝苦しい時は室内の湿度にも気をつけて、エアコンの除湿運転(ドライ)を併用したり、除湿機を使用してみるようにしましょう。

 

●エアコンは使わない扇風機派の人は風の通り道を意識しましょう


扇風機は風邪の通り道がポイント
エアコンと併用すると省エネ効果があるとされている扇風機ですが、エアコンが苦手で扇風機だけで毎年夏を凌いでいるという方も少なくないですよね。
扇風機を使う場合は部屋を閉め切るよりも、窓や扉を開けて風の通り道を確保する方が効果的です。
窓が2つ以上あって外の方が涼しい場合は、扇風機を片方の窓に向けてみましょう。室内の暖かい空気を押し出して気圧を変化させることで、外の涼しい外気が自然と室内に流れ込むようになります。また、2台の扇風機を対角線上に置き、その内の片方を天井へ、もう片方を床面に向けると、天井に溜まっていた暖かい空気が巡回され、部屋全体を涼しくすることが出来ます。

 

●夏こそお風呂!眠る1~2時間前のぬるま湯入浴がおすすめ


夏はぬるま湯入浴がおすすめ
毎日暑いとお風呂に入るのが億劫になって湯船に入らずシャワーだけで済ませてしまっていませんか?
シャワーのみで入浴を済ませて冷房の効いている部屋に戻ってると、体が必要以上に冷えてしまい逆に眠りにくくなってしまいます。また、湯船に浸かった入浴の方が汚れや角質を洗い流せ、肌の保湿もしっかりできて美容にも良いとされています。
入浴をする時は就寝の1~2時間前に、40℃以下のぬるめのお湯に10〜15分間浸かるのがおすすめです。
ぬるめのお風呂にゆっくり浸かることで、副交感神経を優位にし、脳や身体をリラックスさせます。お風呂からあがって布団に入る頃には、体温がちょうどよい温度に下がり、自然と眠りやすくなるなるのです。

 

●夏の熱帯夜対策に便利な安眠アイテムのご紹介



寝具にはさらさらしたリネン亜麻素材
リネン(亜麻)素材

寝つきが悪い時は、身の回りの寝具の素材にも注目してみましょう。
リネン(亜麻)はサラサラとした肌触りと、高い吸水・吸湿性と通気性の良さが特徴の素材です。
リネンは吸い取った水分を素早く外に発散することでカビや雑菌の繁殖を抑制します。また、リネンは天然素材の中では特に熱伝導率が高く、伸縮しにくい背には水に強く濡れると強度が増す特徴があります。そのためリネンで作った寝具はひんやりとして気持ちが良く、汗をかいても肌に張り付きにくいのです。
リネンはシワが寄りやすかったり、直射日光に当たると色あせするなど、扱いにくい部分もありますが、使い込めば使い込むほど布は柔らかくなり、使い手に馴染んでいきます。自分だけのリネンの寝具をぜひ使ってみて下さいね。

 


布団にひんやり冷却マット
接触冷感シート(冷却マット)

お布団に敷くだけで涼しさを感じられる接触冷感のシートはもう夏の定番アイテムですね。
接触冷感性の生地で出来た敷きパッドは熱伝導性が高いため、触れるだけで肌表面の熱を吸い取り、ひんやりと冷たく感じることができます。
吸湿性も高い接触冷感シートですが、湿気がたまるとカビや嫌なにおいの原因になってしまいます。使用する際は簀の子と併用したり、通気性の良いリネンやレーヨン、ポリエステル素材の物を選ぶようにしましょう。

 


ひんやり塩まくら
塩まくら

塩サウナ・バスソルトなど、塩の血行促進効果は有名ですが実は塩には熱を吸収しやすいという特徴もあります。
普段から緊張やストレスを感じている方、高血圧の方は頭部に熱が溜まっていることが多く、熱が溜まると脳が興奮状態になり、寝ようとしても中々寝付けないことがあります。
塩まくらが頭部の熱を取ることで「頭寒足熱」状態になり、脳を落ち着けて眠りに入り易くすることが出来ます。また、塩の血行促進効果によって疲労回復や頭痛・肩こりも緩和も期待できます。
塩は湿気との結びつきが強いため長く使用していると硬化したり、べたべたしてしまうことがあります。裏表を交互に使用したり、使用後は天日干しをする等、細かなメンテナンスをして快適な睡眠に役立ててみて下さいね。

 


暑さ対策にもなる遮光カーテン
遮光カーテン

夏は日の出の時間が早く、時期によっては4時前から日の出が始まる場所もあります。カーテンから漏れる光で目が覚めてしまうと、十分に睡眠がとれないなんてことにも…。
遮光カーテンを使えば光を遮断してぐっすり眠ることが出来るのはもちろん、太陽光からの熱を遮ることで室内温度の上昇を防ぐことも出来ます。
また、遮光カーテンは冷房効率を上げることもできます。冷房運転中にカーテンを閉めておくことで、遮光カーテンが室内と外気を隔てる壁になり、冷やした空気が窓から逃げることを防ぐことが出来ます。
遮光カーテンは涼しい室内環境を作る上でとっても便利なカーテンです!日中の採光にはレースカーテンを利用するようにしましょう。

 

●いかがでしたか?


夏の夜の安眠方法
いかがでしたか?
暑い夏は寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなってしまいがちですが、あまり冷房機器を多用するのは気が引けちゃいますよね。
今回紹介したコツやグッズを使えば、自然と過ごしやすい室温・体温にすることが出来て眠りやすくなります。
しっかりした睡眠をとることは生活習慣の改善や、夏バテ予防にも効果的!今年の夏も暑さに負けないよう、快適な睡眠環境を整えるようにしましょう。

 

お問い合わせバナー

エコカナへのアクセス


【オール電化リフォーム 施工、販売、工事】
IHクッキングヒーター(IHコンロ)・エコキュート・電気温水器
【プロパンガス、都市ガス機器 施工、販売、工事】
ガスコンロ(ビルトインコンロ)・ガス給湯器・ハイブリッド給湯器・ガス炊飯器
【生活家電などの体験、お試し】
サエコ・デロンギエスプレッソマシーン・バイタミックス・アクアクララ・床暖房
【住宅リフォーム 施工、工事、ご相談受付】
マンション、戸建全面・キッチン・浴室・トイレ・リビング・洗面・エクステリア・床暖房・屋根・外壁・窓など
施工エリア
神奈川県 横浜市(鶴見区 中区 保土ヶ谷区 金沢区 青葉区 栄区 神奈川区 南区 旭区 港北区 泉区 西区 港南区 磯子区 緑区 戸塚区 瀬谷区 都筑区)
川崎市 相模原市 鎌倉市 逗子市 横須賀市 三浦市 三浦郡葉山町 大和市 藤沢市 綾瀬市 座間市 海老名市 茅ヶ崎市 高座郡寒川町 厚木市 伊勢原市 平塚市 東京都町田市
施工エリア沿線
天王町 星川 和田町 上星川 西谷 鶴ヶ峰 二俣川 希望ヶ丘 三ツ境 瀬谷 大和 相模大塚 さがみ野 かしわ台 いずみ中央 いずみ野 弥生台 緑園都市 南万騎が原 高座渋谷 桜ケ丘 鶴間 南林間 中央林間 東林間 つきみ野 南町田 すずかけ台 つくし野 長津田 田奈 青葉台 藤が丘 市が尾 江田 あざみ野 たまプラーザ 小机 鴨居 中山 十日市場
Copyright © KANAJU CORPORATION All Rights Reserved.