東名横浜町田インターから約15分!
横浜市瀬谷区のリフォームショールームエコカナ
営業時間 10:00~17:00
お問合わせ アクセス お問合わせ お電話でのお問い合わせ
エコカナショールームのご案内
現場調査への想い

パン作りはやっぱりガスオーブン!お家で楽しむ本格手作りパンレシピ5選

2021.02.19

●おうち時間の楽しむ!ガスオーブンを使ったパン作りレシピをご紹介します


ガスオーブンでパン作り

おうちで過ごす時間が増えたことで料理づくりが密かなブームになってる昨今、パン作りはいかがですか。
パン作りは生地を発酵させたり、休ませたり、と作るのに時間がかかることは事実ですが、材料自体はシンプルで難しい手順もないため意外にも作るのは簡単なんです。
自分で作れば材料のアレンジも容易で、なんと言ってもできたてアツアツのパンがお家で楽しめるのはとっても魅力的ですよね。
また、最近は手の混んだ料理に挑戦する方が増えたこともあって、ガスオーブンの人気も上がっています。電気オーブンにはないガス火のパワフルな火力は、一気に焼き上げるパン調理にぴったりです。
今回はそんなガスオーブンを使った、お家で作れる初心者から上級者までのおすすめパンレシピをご紹介します。

 

●パン作りにガスオーブンがおすすめの理由


パン作りにガスオーブンがおすすめの理由
ガスオーブンの最大の魅力はなんといっても火力の強さにあります。
立ち上がりが早いため予熱にかかる時間も少なく、パワフルな高温の熱風で一気に調理するため電気式のオーブンよりも短時間で調理することができます。
また、ガスオーブンで作るパンは、こんがりした焼き目がつきやすいため、味はもちろん見た目もおいしそうに作ることができます。
オーブンの中にもパン発酵機能が搭載されている機種があり、発酵から焼き上げまで一括して簡単に調理ができるのも嬉しいポイントです。

 

●パン作りの基本!初心者向け手作りパン「バターロール」


パン作りの基本バターロール
パン作りに初めて挑戦する方はまずはバターロール作りから始めてみましょう。
バターロール生地は糖類、油脂、卵などのバランスが非常に良いため失敗しづらいのが特徴です。
また、一度バターロールを作れば、生地のこね方や発酵、フィンガーテスト、成形、焼き方など、パン作りの基本や大まかな流れを把握することができますよ。
できたてのバターロールはふわふわでほんのり甘く、朝食やおやつにもぴったり。ハムやウィンナーを巻いたアレンジもおすすめですよ。
材料
・強力粉(300g) ・ドライイースト(6g) ・塩(5g) ・砂糖(27g) ・ぬるま湯(170ml) ・スキムミルク(21g) ・無塩バター(50g) ・卵(1個) ・塗る用溶き卵(1/2個) ・無塩バター(20g) 

 

ボウルにバターロールの材料を入れる

① ボウルに強力粉、ドライイースト、塩、砂糖、スキムミルクを入れて混ぜ合わせます。ドライイーストと塩は離して入れるようにしましょう。

くぼみに溶き卵を流し込む

② 混ぜ合わせた粉の中心にくぼみを作り、溶き卵にぬるま湯を加えた仕込み水を流し入れてすばやく混ぜます。

生地にバターを練り込む

③ ひと塊になった生地を打粉をした台に出してこねます。手に生地が付かなくなるまでこねたらバターを混ぜ込み、更によくこねます。

なめらかな生地になるまでこねる

④ なめらかな生地になるまで叩きつけながら、指が透けて見えるくらい生地が薄い膜状に伸びるようになるまでこねます。

オーブンで一次発酵させる

⑤ 生地の表面がなめらかになったら強力粉をまぶしたボウルに入れてラップをし、オーブンの発酵機能【35℃】【50分】で一次発酵させます。
フィンガーテストをする
⑥ 2倍の大きさに膨らんだらフィンガーテストをします。生地にしっかりと指の跡が付いたら、ガス抜きをします。

45gずつに分けた生地を丸めて休ませる

⑦ 生地を45gずつに切り分けそれぞれ丸めたら、濡れ布巾をかぶせて【15分】休ませます。

生地を二等辺三角形に成形し巻く

⑧ 休ませた生地を円すい形に成形し、めん棒で細長い三角形に伸ばします。
幅の広い方から巻き、巻き終わりが下になるようにします。
オーブンで二次発酵させる
⑨ クッキングシートを敷いたオーブン天板に並べ、オーブンの発酵機能で【35℃】【30分】で二次発酵させます。

ハケで生地に溶き卵を塗る

⑩ 一度オーブンから取り出し、ハケで溶き卵を塗ります。

170℃に予熱したオーブンで15分加熱する

⑪ 【170℃】に予熱したオーブンに入れ、【15分】加熱します。
焼き色がきれいについたらバターロールの完成
⑫ 焼き色が全面に綺麗についたら網の上に取り出し、粗熱を取って完成です。

 

●ドライフルーツとナッツがたっぷり!「カンパーニュ風ライ麦パン」


ドライフルーツたっぷりカンパーニュ風ライ麦パン
ビタミンB類をはじめミネラル・食物繊維など、栄養素が豊富に含まれていることから女性に人気のライ麦を使ったパンをご紹介します。
フランスパンの一種であるカンパーニュは、本場フランスでは田舎パンと呼ばれているシンプルで素朴なパンです。
パリっとした外皮がおいしいハード系のパンで、クランベリーなどの甘酸っぱいドライフルーツとローストナッツがたくさん混ぜ込まれて食べごたえも十分!
この他にも、チーズやチョコなど混ぜ込む食材によっていろいろな味が楽しめますよ。
材料
・強力粉(170g) ・ライ麦粉(80g) ・ドライイースト(5g) ・塩(4g) ・はちみつ(30g) ・ぬるま湯(150ml) ・ドライフルーツ(60g) ・熱湯(適量) ・無塩ローストナッツ(50g)・仕上げ用ライ麦粉(大さじ1) ・霧吹き用の水(適量)

 

ボウルにライ麦パンの材料を入れる

① ボウルに強力粉、ライ麦粉、はちみつ、ドライイースト、塩を入れて混ぜ合わせます。ドライイーストと塩は離して入れるようにしましょう。

ぬるま湯を加えてよくこねる

② ぬるま湯を加えて混ぜ粉気がなくなったらボウルから出し、打ち粉を振った台に擦り付けるようにしてこねます。

生地にローストナッツとドライフルーツを混ぜ込む

③ 生地がまとまってきたら、5秒ほど熱湯にさらして水気を切っておいたドライフルーツと刻んだローストナッツを混ぜ込み、全体が馴染むまでこねます。

強力粉をふったボウルに入れてオーブンで一次発酵

④ 生地の表面がなめらかになったら強力粉(分量外)をまぶしたボウルに入れてラップをし、オーブンの発酵機能を使い【40℃】【30分】で一次発酵させます。

カンパーニュ風ライ麦パンのフィンガーテスト

⑤ 2倍の大きさに膨らんだらフィンガーテストをします。生地にしっかりと指の跡が付いたら、ガス抜きをします。

二等分した生地を10分休ませる

⑥ ボウルから取り出したら2等分にし、それぞれ丸めたら濡れ布巾をかぶせて【10分】休ませます。

ガスを抜いたらライ麦を振りかける

⑦ 再びガスを抜いて丸めたら、クッキングシートを敷いたオーブン天板に載せ、仕上げ用のライ麦粉を茶こしでふりかけます。

再びラップと濡れ布巾をかぶせて二次発酵

⑧ ラップと濡れ布巾をかぶせてオーブンの発酵機能を使い【40℃】【10分】で二次発酵させます。
その後一度取り出し、室温で【10分】休ませます。

ライ麦パンに切り込みを入れる

⑨ ラップと濡れ布巾を取り外したら包丁で十字に浅い切込みを入れ、乾燥防止のために霧吹きをします。

230℃に予熱したオーブンに入れ20分加熱

⑩ 【230℃】に予熱したオーブンに入れ、【20分】加熱します。

しっかり焼き色がついたらカンパーニュ風ライ麦パンの完成

⑪ しっかり焼き色がついたら網の上に取り出し、粗熱が取れるまで冷ましたら完成です。
 

 

●甘じょっぱいのがおいしい!今流行りの「あん塩バターパン」


甘じょっぱくておいしいあん塩バターパン
あんパンやあんトーストが昔からあるように、パンとあんこの相性は人気のお味です。
その中でもバターと一緒に挟んだあんバターサンドは甘味と塩味のハーモニーがたまらない、人気の組み合わせです。
外側はカリッと、中はもっちりしたフランスパン風の生地は食べごたえもバッチリ!中に挟んだあんことバター、そして振りかけた岩塩との甘しょっぱさが絶妙な美味しいパンです。
材料
・強力粉(140g) ・薄力粉(60g) ・ドライイースト(3g) ・砂糖(10g) ・ぬるま湯(120ml) ・岩塩(適量) ・オリーブオイル(大さじ1) ・巻き込む用バター(36g/6g×6) ・挟むようバター(48g/8g×6) ・あんこ(適量)

 

あん塩バターパンの材料を入れる

① ボウルに強力粉、薄力粉、砂糖、ドライイースト、塩を混ぜ合わせます。ドライイーストと塩は離して入れるようにしましょう。

ぬるま湯を加えて生地をまとめる

② ぬるま湯を加え、ボウルの中でよく混ぜ合わせます。 生地がまとまって来たら台の上に出し約10分間こねます。

オリーブオイルを生地にねりこむ

③ 一度生地をボウルに戻し、オリーブオイルを加えオイルが馴染むまでこねます。

さらに生地をこねてなめらかにする

④ 生地がまとまったら、台の上に出しさらに約10分間こねます。

ラップをし35℃のオーブンで一次発酵

⑤ 生地をボウルに戻したらラップをします。オーブンの発酵機能を使い【35℃】【60分】で一次発酵させます。

2倍の大きさに膨らんだ生地

⑥ 一次発酵が終了しました。生地が2倍の大きさに膨らんだらフィンガーテストをして、生地が指にまとわりつかなかったら問題ありません。

生地を6等分にする

⑦ ガス抜きをしたら、スケッパーを使って生地を6等分にします。

ラップをし生地を15分休ませる

⑧ 6等分にした生地をだ円形に丸めたら、ラップをかけて【15分】のベンチタイムです。

めん棒で三角形に伸ばしバターを置く

⑨ ベンチタイムが終了したら生地をめん棒で二等辺三角形になるように伸ばします。生地の端にバターを置きます。

広い方から巻いて三日月型にする

⑩ バター置いた手前の広い方からクルクルと巻き、両端をバターが出ないように閉じて三日月型になるように内側に曲げます。

28℃のオーブンで二次発酵

⑪ 全ての生地を成形したら天板に並べます。オーブンの発酵機能を使い【28℃】【30分】で二次発酵させます。

ハケでオリーブオイルを塗り岩塩をかける

⑫ 二次発酵が終了したら一度オーブンから取り出し、ハケで生地にオリーブオイル塗り、削った岩塩をのせます。

200℃のオーブンで15分加熱

⑬ 【200℃】に予熱したオーブンに入れ、【15分】加熱します。

焼き上がったら粗熱が取れるまで冷ます

⑭ 焼き上がったら網の上に取り出し余熱が取れるまで冷まします。

切込みを入れてあんことバターを挟む

⑮ ある程度冷めたらパンに切れ目を入れ、あんことバターを挟んだら出来上がりです。

 

●さくさくクッキー生地が美味しい!「メロンパン&チョコチップメロンパン」


さくさくクッキー生地がおいしいメロンパン
ガスオーブンを使って、大人もお子様にも大人気なさくさくメロンパンを作ることができます。
できたてのメロンパンの甘い香りがお家に広がると幸せな気分になること間違いなし。
ガス火で焼いたメロンパンは外はサクサクッ、中はふわふわ!手作りのクッキー生地にチョコチップを混ぜ込めばチョコチップメロンパンを作ることも可能です。
メロンシロップはメロン味のかき氷シロップでも代用できるので是非作ってみてくださいね。
材料
【パン生地用材料】
・強力粉(210g) ・薄力粉(90g) ・ドライイースト(9g) ・塩(3g) ・砂糖(40g) ・水(80ml) ・牛乳(100ml) ・無塩バター(30g) ・卵(1個)
【クッキー生地用材料】
・薄力粉(200g) ・ベーキングパウダー(小さじ2/3) ・砂糖(80g) ・無塩バター(60g) ・卵(1個) ・メロンエッセンス(適量) ・グラニュー糖(少々) ・チョコチップ(お好みで)

 

ボウルにメロンパンの材料を入れる

① ボウルに強力粉、薄力粉、ドライイースト、塩、砂糖を入れ混ぜ合わせます。ドライイーストと塩は離して入れるようにしましょう。

卵と牛乳水を混ぜた仕込み水を流し入れる

② 混ぜ合わせた粉の中央をくぼませ牛乳と卵と水を混ぜた仕込み水を流し入れます。
全体をすばやくかき混ぜまぜ、ひと塊になるまでよく練ります。

バターを混ぜ込みさらによくこねる

③ ひと塊になった生地を台に出し、擦りつけるようにこねます。
手に生地が付かなくなるまでこねたらバターを混ぜ込み、更によくこねます。

パン生地を叩きつけながらこねる

④ なめらかな生地になるまで叩きつけながらこね、指が透けて見えるくらい生地が薄い膜状に伸びるようになったら閉じ目が下になるように丸くまとめます。

35℃のオーブンでメロンパン一次発酵

⑤ 無塩バターを塗ったボールに生地を入れたらラップをかけます。
オーブンの発酵機能を使い【35℃】【50分】で、生地が2倍の大きさに膨らむまで発酵させます。

メロンパンのクッキー生地をつくる

⑥ パン生地を発酵させている間にクッキー生地を作ります。
バターをクリーム状になるまで練り、砂糖を加えて泡だて器で白っぽくなるまでよく混ぜます。

卵とメロンエッセンスを加えて混ぜる

⑦ 更に卵とメロンエッセンスを加えたら薄力粉とベーキングパウダーを合わせて振るい入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせます。

クッキー生地を棒状にまとめる

⑧ クッキー生地をたたみ込むようにして軽く練り、長さ20cmほどの棒状にまとめてラップにくるんで冷蔵庫で休ませます。チョコチップを混ぜるとチョコチップメロンパンが作れます。

メロンパン生地のフィンガーテスト

⑨ フィンガーテストをします。強力粉をつけた指を膨らんだパン生地に軽く差し込み、指穴がそのまま残れば発酵完了です。

メロンパン生地を休ませる

⑩ 生地を46gずつに切り分けそれぞれ表面がなめらかになるように丸めます。丸めたパン生地を間隔をあけながら並べ、固くしぼったふきんをかけて【15~20分程】休ませます。

クッキー生地を円形に伸ばす

⑪ クッキー生地を冷蔵庫から出し、1本あたり7~8等分に切り分け、めん棒で12cm位の円形に伸ばします。

パン生地にクッキー生地をかぶせて模様を入れる

⑫ 休め終わったパン生地にクッキー生地をかぶせます。表面にグラニュー糖をつけたらスケッパーでメロンパン特有の格子模様をつけます。

メロンパン生地をオーブン天板に並べる

⑬ 生地がくっつかないように間隔を開けながらオーブン天板に並べます。

160℃に予熱したオーブンで11分加熱

⑭ 【160℃】に予熱したオーブンで【11分】加熱します。

メロンパンとチョコチップメロンパンの完成

⑮ クッキー生地がサクサクになるまで焼けたら網の上に取り出し、余熱が取れるまで冷ましたらメロンパン(チョコチップメロンパン)の完成です。

 

●パン作りに慣れたら挑戦したい!上級者向け手作りパン「山形食パン」


上級者向け手作りパン山形食パン
普段何気なく食べているためイメージが湧きにくいかも知れませんが、手作りパンの中でも作るのが難しいとされているのが食パンです。
食パンは発酵だけでなくこねる作業・成形にも生地の扱いに慣れが必要なため、ある程度パン作りに慣れてから挑戦するのがおすすめです。そんな作るのが難しい食パンだからこそ、上手く作れたときの達成感は一塩。
できたての食パンはもちもちふわっふわ。トーストはもちろん、そのまま食べても甘くておいしいので、パン作りに慣れてきたら是非挑戦してみてくださいね。
材料
・強力粉(370g) ・ドライイースト(7g) ・塩(7g) ・水(150ml) ・牛乳(90ml) ・無塩バター(20g)

 

食パンの材料をボウルに入れる

① ボウルに強力粉、ドライイースト、塩、砂糖、牛乳を入れ混ぜ合わせます。ドライイーストと塩は離して入れるようにしましょう。

無塩バターを加えてさらにこねる

② 水を加え、ひと塊になるまでこねたら生地を台に出し、無塩バターを加えて手につかなくなるまで擦りつけるようにこねます。

なめらかになるまで叩きつけるようにこねる

③ なめらかな生地になるまで叩きつけながらこねます。指が透けて見えるくらい生地が薄い膜状に伸びるようになったら、閉じ目が下になるように丸くまとめます。

35℃のオーブンで食パン生地を一次発酵

④ 無塩バターを塗ったボールに生地を入れたらラップをかけます。
オーブンの発酵機能を使い【35℃】【50分】で、生地が2倍の大きさに膨らむまで一次発酵させます。

食パン生地のフィンガーテスト

⑤ フィンガーテストをします。強力粉をつけた指を膨らんだパン生地に軽く差し込み、指穴がそのまま残れば発酵完了です。

食パン生地を3等分し丸める

⑥ 手で軽く押さえながらガス抜きをしたら生地を取り出し、スケッパーを使って生地を3等分にしたら上から下へと生地を巻き込むようにして丸くまとめます。

食パン生地を丸めて20分休ませる

⑦ 丸めたパン生地を間隔をあけながら並べ、固くしぼったふきんをかけて【20分】休ませます。

食パン生地を長方形に伸ばして折りたたむ

⑧ 手で軽く押さえて、めん棒で生地を長方形に伸ばします。伸ばした生地の1/3ずつを折りたたむようにし、3つ折りにします。

三つ折りにした食パン生地を巻く

⑨ 3つ折りにした生地をめん棒で伸ばし、手前から巻き込みます。

食パン型に生地を入れる

⑩ 巻き終わりが下になるようにしたら、無塩バター(分量外)を塗ったパン型に入れます。(先に左右から入れ、真ん中を最後に入れます)

35度のオーブンで二次発酵

⑪ オーブンの発酵機能【35~40℃】【50分】で二次発酵させます。食パン型の面より1~2cm盛り上がったら発酵完了です。

食パンの二次発酵完了

⑫ 二次発酵が終了したら一度オーブンから取り出し、生地が乾燥しているようだったら霧吹きをします。

180℃に予熱したオーブンで25か30分加熱

⑬ 【180℃】に予熱したオーブンに入れ、【25~30分】加熱します。

食パンの焼き上がり

⑭ 食パンが焼き上がったら15cmほどの高さから型ごと落としてショックを与え、パンがくぼむのを防ぎます。

山形食パンのできあがり

⑮ 食パン型から外して粗熱が取れたら完成です。

 

エコカナでガスオーブンを展示中
エコカナに遊びに来ませんか?
エコカナではリンナイ・ハーマン(ノーリツ)のガスオーブンを複数展示しております。
実物を見ながら比較できるため「ビルトインか卓上にするか迷っている」「コンベックとコンビネーションレンジの違いがわからない」といった方でも、じっくり商品をお選びいいただくことができます。展示中のガスオーブンを実際に点火して操作体験していただくことも可能です。
ガスオーブン選びにお悩みの際はぜひエコカナへご来館ください。

【エコカナのガスオーブン特集ページはこちら】

筆者:エコカナWEB担当者  

お問い合わせバナー

エコカナへのアクセス

 

 


【取り扱い機器】
ガスコンロ、IHクッキングヒーター、食洗機、レンジフード、ガスオーブン、ガス給湯器、ハイブリッド給湯器、エコキュート、電気温水器、水栓、ガス衣類乾燥機、ガス炊飯器、卓上換気扇、浴室暖房乾燥機
【住宅リフォーム】
マンション・戸建全面リノベーション、キッチン、浴室、トイレ、洗面、リビング、ダイニング、玄関、エクステリア、床暖房、屋根、外壁、窓など
【施工エリア】
神奈川県
横浜市(鶴見区、中区、保土ヶ谷区、金沢区、青葉区、栄区、神奈川区、南区、旭区、港北区、泉区、西区、港南区、磯子区、緑区、戸塚区、瀬谷区、都筑区)
川崎市(川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区)
相模原市(緑区、中央区、南区)
横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

東京都
町田市
Copyright © KANAJU CORPORATION All Rights Reserved.