STAFF BLOG

スタッフブログ

憧れの対面キッチン、「ペニンシュラ」。

カウンター越しに家族と会話を楽しんだり、来客とコミュニケーションをとりながら家事ができる対面式キッチン。もう珍しくはないくらい、人気があります。対面式キッチンにはアイランド型とペニンシュラ型があり、アイランドは「島」、ペニンシュラは「半島」を意味しています。アイランド型はカウンターを囲んで、ぐるりと回遊できるスペースがある独立したタイプ。ペニンシュラ型はカウンターのどちらか片方が壁にくっついているタイプです。


ペニンシュラキッチンリフォーム


タカラスタンダートキッチンリフォーム


 


独立型や壁に向かって作業する壁付け型と比べると、ダイニングとのつながりが良いので、配膳や片付けが楽になるメリットがあります。この時、カウンターを作業台として使用するか、テーブルとして使用するかといったところは具体的にイメージできているといいですね。
カウンターの幅や高さで、いろいろなバリエーションがありますので、ご家族で相談してみると盛り上がりそうです。


 


オープンな雰囲気の対面キッチンは、逆に言えば、リビングから手元や背面収納が丸見えになるということでもありますね。来客の時などには、ちょっと・・・と思われる方も少なくありません。その対策として、ペニンシュラ型だとコンロ前に壁を設置したり、上部に収納棚を作って少し目隠しにすることが可能です。また、カウンターをシンクと同じ高さにするのではなく、シンクより少し高めに取りつけることで手元が見えにくくすることもできますよ。


実際に使ってみると、オープンゆえに、コンロからの煙やにおいがリビングに広がりやすい・・・といったお声は聞きますし、思った以上に油はねが床についてしまうといったこともあるようです。換気扇や周囲の壁に対策ができますので、心配な点はご遠慮なくプランナーにご相談ください。


イメージ重視で選んでしまうと、とにかく明るく広く開放感を!と思ってしまいがちですが、ショールームなどで実際の家事や来客の場面を具体的に想像し、お客様の位置(リビング、ダイニング側)からキッチン作業がどのように見えるか等も、確認してみましょう。


カナジュウでは、プランナーが各メーカー様のショールームにも同行させていただきます。イメージスケッチもご用意し、ヴィジュアルにも分かりやすいご提案を心がけています。


ペニンシュラ型のオープンキッチンを採用され、食後のお片付けがラクになった!とお喜びいただいたリノベーションの事例がこちらです。キッチンからどこを見渡しても明るくて美しい空間が広がっているなんて、素敵ですね。


https://www.kanaju.com/reform/example/9514/

その他のスタッフブログOTHER STAFF BLOG