STAFF BLOG

スタッフブログ

我が家にピッタリのキッチンレイアウトの選び方

リフォーム・リノベーションをするとき、LDKをどんな形にするか・・・私たちはお客様と最も多くの時間をかけて悩みます。LDKは一日のうちで長い時間を過ごす場所だからこそ、妥協したくないですよね。そのLDKの形を決めるのが、キッチンレイアウトなのです。


キッチンレイアウトにはそれぞれメリット&デメリットがあり、レイアウトによって動きやすさだけではなく、暮らし方も変わります。カナジュウで多くのお客様が採用されている、4つのレイアウトをご紹介いたしましょう。


 


■一番人気があるペニンシュラ型の対面キッチン


キッチンリフォーム


キッチンと言えば、まずこの形をイメージされる方が多いのではないでしょうか。
ダイニングやリビングに向き合ったキッチンは、作業をしながらコミュニケーションが図りやすいことが大きなポイント。
でもキッチンの向こう側にモノを受け渡す人がいなければ、案外動線が長くなってしまいますので、要注意!


 


■回遊できるアイランンド型キッチン


キッチンリフォーム


その点、このアイランド型キッチンは、周囲をぐるりと回遊できるタイプ。キッチンにアクセスしやすいのがメリットです。
ご家族みんなでキッチンを囲みワイワイ作業をしたい方、ホームパーティがお好きな方にもオススメですが、このキッチンを実現するには、かなりのスペースが必要です。
プランナーとじっくり相談しましょうね。


 


■作業動線が短いⅡ型キッチン


Ⅱ型キッチンリフォーム


最近改めて注目されているのが、このⅡ型キッチン。
シンクとコンロを別々にレイアウトしているため、限られたスペースでもアイランド型特有の軽やかな佇まいを実現することができます。
マンションリノベーションでも人気のスタイルになりました。


 


■壁に向かったⅠ型キッチン


I型キッチンリフォーム


壁に向かって作業するということを、多くの方が望まれなくなりました。でもこのレイアウト、実は最も効率よくコストもスペースも使えるスグレモノなんですよ。
スペース次第ですが、カウンターを置けばアイランド型のような作業台ができますし、キッチン本体の上を「見せ場」として使うこともできます。
色や柄でイメージはグンと変わります。是非このレイアウトもご検討くださいね。


 


壁付けのⅠ型キッチンにカウンターを付けて、L型レイアウトの良さも取り入れたキッチンはこちらから!キッチン前の壁にライトを当てて「見せ場」を作り、ギャラリーのようにしても素敵ですね。


https://www.kanaju.com/reform/example/9797/

その他のスタッフブログOTHER STAFF BLOG